【初診の患者様へ】

運動誘発性喘息の診断のため、運動負荷肺機能検査(自転車をこいだ後に呼吸機能検査)を行う可能性があります。なるべく着替えを持参ください。

高3までのアスリートは、最近5年間の身長・体重の記録を持参ください。身長の伸び方・体重の増え方は、十分なエネルギー摂取が出来ているかの判断材料になります。

他院を受診されている場合には、以前の検査結果や現在の処方薬の情報をお持ちください。

 

一部項目は当日に血液検査結果が出ないため、翌週以降に再診していただく場合があります。ご了承ください。

【スポーツ内科は保険診療?】

息切れ、疲れやすさなどの症状がある場合や、記録の伸び悩みなどパフォーマンス低下の自覚がある場合には、スポーツ内科外来は保険診療となります。アスリートが何らかの不調で受診される場合には全て保険診療とご理解ください。